ワンストップのNetFlow解析ツールPRTG

 


  • NetFlow解析ツールPRTGが帯域幅とトラフィックを解析


  • PRTGはすべての異なるNetFlowバージョンをサポート
     

  • PRTGはすべての重要なフロープロトコルを解析


  • NetFlow解析ツールPRTGで、フローを保存・処理

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

 

 

 

NetFlow解析ツールでネットワークの全体像を可視化
 

 i NetFlowは、ネットワーク内のトラフィックフローデータを収集・集約・記録するためのプロトコルです。NetFlowデータを使用すると、SNMPなどの他の監視ソリューションに比べて、帯域幅やネットワークトラフィックの使用状況をより詳細に把握できます。NetFlowはCisco社が開発したプロトコルであり、同社のルーターやスイッチに搭載されているCisco IOSソフトウェアに組み込まれています。Cisco IOSソフトウェアの11.1トレイン以降、ほぼすべてのCiscoデバイスでサポートされています。
もっと読む


NetFlow解析ツールPRTGでは、帯域幅 をチェック・監視し、IPアドレス、プロトコル、プログラムによって発生するネットワークトラフィックの量などを判別できます。このような解析を行うためには、PRTGプローブを搭載したコンピュータにフローパケットが送信されるようにルーターを設定します。NetFlow技術は、CPUへの負担が少なく、大量のデータトラフィックと帯域幅を持つネットワークに特に適しています。

NetFlowプロトコルは、主にCiscoのルーターおよびスイッチでサポートされています。

PRTG NetFlow解析ツールを使用すれば、ネットワークを全体的に可視化し、ネットワークトラフィックや帯域幅の使用状況を監視できます。

 

無料のNetFlow解析ツールPRTGのしくみ
 

 

PRTGはNetFlow解析ソフトウェアで、追加コストは不要
 

 i センサーとは

PRTGでは、「センサー」が基本的な監視要素となります。通常、1つのセンサーがネットワーク内の1つの測定値(スイッチポートのトラフィック、サーバーのCPU負荷、ディスクドライブの空き容量など)を監視します。平均すると、デバイスあたり約5~10個のセンサー、またはスイッチポートあたり1個のセンサーが必要です。

ビデオを見る(3分26秒)

 No upgrade necessary

アップグレードは不要

PRTGはワンストップの監視ツールです。アップグレードやツールを追加せずに、Cisco NetFlowを使用して帯域幅を解析できます。PRTGの標準設定を行うだけで、ルーターとスイッチを経由するトラフィック全体を監視します。

 One tool for everything

1つのツールですべて対応

PRTGなら、すべての監視項目を1つのソフトウェアで一元管理でき、全体像をつかめます。数多くのツールを組み合わせる必要はもうありません。PRTGなら、帯域幅の使用状況、サーバー、CPU、トラフィック解析、ウェブサイト、クラウドサービスなどを監視できます。また、プロフェッショナルなNetFlow解析ツールソフトウェアとしても使用できます。

 Quick configuration

すばやく設定できる

PRTGは、インテリジェント自動検出機能を使って、包括的な監視を自動セットアップし、必要なセンサーをすべて作成します。他のNetFlow解析ツールソフトウェアからPRTGへの切り替えもすばやく行えます。

 Toplists

トップリスト

PRTGのトップリストは、センサー内のトラフィック解析を、「トップトーカー」(IPアドレス別の使用帯域幅)、「トップコネクション」(接続別の使用帯域幅)、「トッププロトコル」(プロトコル別の使用帯域幅)に分けて既定で表示します。トップリストを使えば、カテゴリ別の概要を確認できるので、NetFlowトラフィック解析が楽になります。

 

「システムが常に監視されていることを知っていれば、
誰もが安心して作業できます。」

ドイツ、Schüchtermann Klinik病院のネットワーク管理者、Markus Puke氏

 

NetFlow解析用のPRTGセンサー

Netflow V5センサー

NetFlowのバージョン5は広く普及しています。PRTGには、互換性のあるNetFlow v5センサーとNetFlow V5(カスタム)センサーがあります。

Netflow V9センサー

NetFlowバージョン9は、NetFlow技術を発展させたものです。PRTGは用途に適したセンサーを搭載しており、NetFlow v9センサーとNetFlow V9(カスタム)センサーがあります。

IPFIXセンサー

Internet Protocol Flow Information Export (IPFIX) は、CiscoのNetFlowシステムを発展させたものです。PRTGにはIPFIX用のセンサーが2つあります。IPFIXセンサーとIPFIX(カスタム)センサーで、独自のニーズに合わせてカスタマイズできます。 

 


無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

PRTGのNetFlow解析の画面サンプル

 

 

NetFlow解析ツールPRTG
3つの便利なアプリケーション

PRTGを使用すると、完全に過負荷になる前にスイッチがバックアップソリューションのデータ量に対応できるかどうかを確認できます。
万が一バックアップ中にスイッチが過負荷になった場合でも、PRTG NetFlow解析ツールを使用すれば、原因をすばやく特定できます。

 

Identify bandwidth hogs

帯域幅の占有を特定

特定のソースが利用するネットワークの帯域幅が突出することがよくあります。ソースは、個々のユーザーの場合もあれば、アプリケーションや特定のデータの場合もあります。NetFlowトラフィック解析ツールソフトウェアを使用すれば、IPアドレスを評価し、全面的なトラフィック解析を行えます。

Spot load peaks early

負荷のピークを早期に発見

様々なウェブサイトや社内で使用するアプリケーションへのアクセスには変動が生じやすいものです。NetFlow解析ツールPRTGで独自のしきい値を設定することで、システムのパフォーマンスが低下する前に、早期に情報を得られます。

Avoid backup overloads

バックアップの過負荷を回避

完全バックアップを行うと、ネットワーク全体に問題が発生することがあります。こういった問題が起きるのは、個々のルーターやスイッチがバックアップ中に過負荷になり、ネットワーク全体の障害となったためです。NetFlow解析ツールPRTGを使用すれば、トラフィックと帯域幅を細かく監視し、原因を突き止めることで、ネットワークを最適化できます。

 

お役立ち情報「Geraldさん、PRTGをNetFlow解析ツールとして使用する管理者に伝えたいアドバイスは何ですか?」

「CiscoはNetFlow技術を継続的に開発しているため、管理者は、ルーターおよびスイッチがサポートするNetFlowバージョンを事前に確認する必要があります。適切なPRTGセンサーを使用すれば、NetFlow監視の設定はすばやく簡単に行えますよ」

Paessler AG テクニカルエディター、Gerald Schoch

 

PRTGであなたの日常業務をシンプルに

弊社の監視ソフトウェアがあなたのために働き、トラブル発生の可能性を検知したらすぐにお知らせします。
これにより心配することなく、リラックスして日常の仕事に集中することができます。

 

PRTGで時間を節約

PRTGによってサーバーやすべてのネットワークを集中的に監視することができます。ダッシュボードやアプリケーションを通じてITインフラストラクチャの全体を見渡せる機能をお試しください。

PRTGが不安を解消

PRTGのカスタマイズは簡単です。オートディスカバリー機能や事前定義済みの対応デバイステンプレートが使用開始時や他社製品からの移行に役立ちます。

PRTGで費用を節約

こちらのレポートによると、80%のカスタマーがネットワーク監視について前例のない大幅な経費の節約を報告しています。この内容を鑑みると
ライセンスの費用は数週間で採算を取ることが
可能といえます。

 

 

30万人のユーザーから信頼され、アナリストから
業界トップクラスとして認められています 。

 

「すばらしいネットワークおよび
インフラ監視ソリューションです。
導入が簡単で使いやすく、
最高のソリューションですね。」

その他のレビュー

「完璧なソフトウェア。サポートも優れていて、あらゆるニーズと要件を満たしてくれます。何らかの監視を必要とする企業
には、欠かせないソリューションです。」

その他のレビュー

「PRTGは、統合インフラ管理およびネットワーク監視サービスであることを主眼に
置いている、優れたツールです。」

その他のレビュー

 


無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

NetFlow解析ツールPRTGなら、3つの簡単なステップでセットアップ完了

PRTG Network Monitorを実行しているコンピュータにNetFlowパケットを送信するように、ルーターのNetFlowプロトコルを設定します。

 

 

ほかにも方法があります。すべてのPCの長期的なトラフィック解析は不要で、現在および最近発生したネットワークトラフィックだけをIPまたはプロトコルに基づいて監視する場合は、NetFlowセンサーを作成し、それに準じてトップリストのデータトラフィックをIPまたはプロトコルに基づいて解析すれば十分です。セットアップの詳細については、ナレッジベースのユーザーの質問に対する回答をご覧ください。こちらの記事では、Ciscoルーターの設定に関するその他のアドバイスをご紹介します。

Configure PRTG

PRTGを設定する

PRTGを設定します。すべてのフローセンサーは、PRTGの無料体験版でもご利用いただけます。適切なライセンスを選択し、200種類を超えるセンサーで包括的なNetFlowトラフィック監視をお試しください。設定は後からでも行えます。

 

Configure your router or switch

ルーターまたはスイッチを設定する

PRTGプローブを実行しているコンピュータにNetFlowデータをエクスポートして送信するように、Ciscoルーターまたはスイッチを設定します。次のステップでは、コンピュータ上にNetFlowセンサーを作成します。エクスポートするフローのバージョンに特にご注意ください。PRTGでNetFlowによるトラフィック解析や帯域幅の監視を行うには、互換性のあるセンサーを使用してください。

 

Create sensors

センサーを作成する

エクスポートされたフローのバージョンとターゲットアドレスに適したNetFlowセンサーを作成し、センサー設定で、フローを受信するUDPポートとIPアドレスを設定します。あるいは、特定のCiscoデバイスでフローを受信する場合は、デバイスのIPアドレスを指定し、ターゲットデバイスでサンプリングモードを設定している場合はサンプリングモードをオンにします。アクティブフローのタイムアウトには、デバイスのタイムアウトよりも1分以上長い値を指定してください。最後に、PRTG NetFlow解析ツールに表示するセンサーのデータトラフィックカテゴリを選択し、必要なデータのオプションフィルタを定義します。

 

VMware向けのNetFlow解析ツール

VMwareとNetFlow

「vSphere分散スイッチ(vDS)」製品ラインでは、VmwareはNetFlow技術を使用しています。基本的に仮想スイッチは、ホストの物理ネットワークカードを介して、仮想マシン(VM)の仮想ネットワークカードをネットワークに接続します。VMwareでは仮想スイッチにNetFlowを組み込んでいます。

PRTGによる監視

物理(Cisco)デバイスの監視とNetFlowトラフィック解析の両方を実行できます。VMware vCenterでNetFlowを設定します。フローがPRTG NetFlow解析ツールに送られ、対応するフローセンサーがデータを表示・監視するように設定します。正しいNetFlowバージョンを使用していれば、フローの送信元であるPRTGに影響はありません。

詳しい情報

PRTGを使用したVMware監視についての詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

95%以上のお客様がPRTGをお勧めしています。

 

Paessler AGは、世界各地の600以上のIT部門でPRTGのトライアルを実施しました。
その目的は、ネットワーク監視ソフトウェアを管理者のニーズに近づけることでした。
調査の結果、95%以上の参加者がPRTGを推奨すると回答しました。

Recommend PRTG

 

その他のフローセンサー

 


PRTGには、チャットプロトコル、CitrixFTPEメール、その他のトラフィックを監視できるフローセンサーもあります。

sFlowsFlowセンサーを使用すると、n番目のパケットのみが転送され、システムへの負荷が軽減されます。PRTGのsFlowセンサーの詳細はこちらをご覧ください。

jFlowjFlowを使用すると、Juniper Networksのハードウェアなどを監視できます。ここでもPRTG専用にデバイスを設定できます。NetFlow5との類似性が高いのが特徴です。jFlowセンサーの詳細はこちらをご覧ください。

 i センサーとは

PRTGでは、「センサー」が基本的な監視要素となります。通常、1つのセンサーがネットワーク内の1つの測定値(スイッチポートのトラフィック、サーバーのCPU負荷、ディスクドライブの空き容量など)を監視します。平均すると、デバイスあたり約5~10個のセンサー、またはスイッチポートあたり1個のセンサーが必要です。

ビデオを見る(3分26秒)

 

 


無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

 NetFlow、SNMP、パケットスニッフィングの比較

SNMP

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)は広く普及しており、デバイスデータを簡単に読み取ることができます。帯域幅の使用量、CPU、ハードウェアの温度など、重要な情報を確認できます。PRTGによるSNMP監視の詳細はこちらをご覧ください。

パケットスニッフィング

帯域幅の使用状況の詳細を表示するには、パケットスニッフィングまたはNetFlowを使用します。個々のルーターやスイッチを通るパケット通過を詳しく確認できます。PRTGによるパケットスニッフィングの詳細はこちらをご覧ください。

NetFlow解析

NetFlowは特にCiscoのハードウェアでサポートされているプロトコルです。このため、NetFlowに対応した監視ソリューションが必要です。パケットスニッフィングなどのソリューションを使用すれば、パケットを詳細に解析できます。PRTGにはNetFlowセンサーのセットが付属しています(追加料金は不要です)。

 

NetFlowコレクタとNetFlow解析ツールの比較

 

1.最適なNetFlowツールとは?

フローデータを収集・解析できるツールは多数ありますが、NetFlow解析ツールを選ぶ際には、社内のニーズを考慮し、データをどの程度解析すべきかを検討することをおすすめします。また、複数のツールを同時に使用した方がよい場合もあります。たとえば、多くの管理者は、PRTG以外にWiresharkも使用しています。PRTGはフローを監視することで全体像をつかみ、ネットワーク問題の原因を排除するのに対し、Wiresharkでは個々のデータパケットを詳細に見ることができます。

2.NetFlowコレクタとは?  

NetFlowコレクタは、NetFlowデータをキャプチャ・保存・処理するツールです。このようなツールの中には詳細なデータ解析の提供で他のツールよりもすぐれたものもありますが、多くの管理者は、1つのツールを使用してNetFlowコレクタとNetFlow解析ツールの両方の機能を実行します。

3.NetFlow解析ツールとは?

PRTGはNetFlowコレクタであると同時に、NetFlow解析ツールでもあります。すべてのNetFlowデータを収集・処理し、ダッシュボードに表示します。PRTGは、先に述べたトップリストを活用して、「トップトーカー」、「トップコネクション」、「トッププロトコル」、カスタマイズ可能なトップリストを表示します。独自のしきい値も自由に設定できます。設定した値を超えると、すぐにアラートが通知されます。

4.Windowsでは、どのNetFlow解析ツールおよびコネクタが使用できますか?

PRTGはWindows上で動作するNetFlow解析ツールおよびコレクタです。Windowsシステムに常に重点を置いて開発してきたため、Windowsを使用したNetFlowトラフィック解析の分野で豊富なノウハウがあります。PRTGはワンストップのWindows監視ソリューションです。WMIセンサーを多数搭載し、Windowsイベントログ監視やセキュリティ監視を行います。また、Windows以外のOSを監視する技術も採用しています。

5.NetFlow解析ツールのダウンロードは、無料版とプロフェッショナル版のどちらがいいですか?

効果的な無料版のNetFlow解析ツールはないのか、それともプロフェッショナル版を使うべきか、悩んでいる管理者は多くいらっしゃいます。PRTGには無期限でご利用可能な100個の無料センサーが搭載されています。また、将来監視機能を拡張する場合は、いつでもプロフェッショナルライセンスを購入できます。PRTGライセンスをご購入になると、アラーム、レポート、サポート、および各種センサーなど、ソフトウェアのすべての機能をご利用いただけます。

 


「一定かつ実用的で前向きな方法でPRTGを継続して開発することを一番大切にしています。お客様が常に新しい規格に対応できるようにサポートしてまいります」

ニュルンベルク、Paessler AG社の創業者、Dirk Paessler

 

まだ、ご納得いただけませんか?

 

 

PRTGは、30万人以上のシステム管理者にご愛顧いただいております

あらゆる規模の企業がPRTGをご利用になっています。業務の大幅な軽減という点が、システム管理者が PRTGを選択くださる理由です。

まだ、ご納得いただけませんか?

 

ITインフラ全体を監視

帯域幅、サーバー、仮想環境、Webサイト、VoIPサービス―PRTGはネットワーク全体を監視します。

 

 

PRTGを無料でお試し

監視の必要性はそれぞれ異なるため、PRTGを無料でお試しいただいております。 30日間無料でお試しください。

 

 

PRTG

ネットワーク監視ソフトウェア - バージョン21.3.71.1416 (September 21st, 2021)

ホスティング

Windowsにダウンロード または クラウドバージョンPRTG Hosted Monitor も入手可能

対応言語

英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、日本語、中国語(簡体字)

価格

100センサーまで無料 (価格帯)

統合監視

ネットワークデバイス、帯域幅、サーバー、アプリケーション、仮想環境、リモートシステム、IoT など

対応しているベンダーとアプリケーション

詳細

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.